トップ >> 不動産会社が扱う物件

不動産会社にとって自社物件とは

不動産会社の自社物件についてくわしく見てみましょう。自社物件だから家賃をお安くできますよと言われたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。自社物件とは、その会社が所有している物件、もしくはその会社の社長が所有している物件です。自社物件が空室である場合は家賃収入が見込めないだけでなく、税金や維持費ばかりがかさんでいき、赤字となってしまいます。そのため、不動産会社は自社物件にはぜひ入居してほしいと思っています。ぜひ入居してほしいと考えているため、交渉によって家賃を安くしたり、仲介手数料を0円にしてくれたり、良いことだらけなのです。

不動産会社にとって他社物件とは

他社物件とは、その不動産会社が所有しているものでも、管理しているものでもありません。あくまで他社が所有しているもの、他社が管理しているものなのです。なのに、なぜ他社の物件を紹介しているのかといいますと、「入居者がなかなか見つからない。もし入居者を決めてくれたらお礼に仲介手数料を折半するから、お宅でも入居の斡旋をして欲しい。」と頼まれるからです。不動産会社同士は地域の中で互いに交流がある場合が多いです。ライバルではあるけれども、互いに持ちつ持たれつしているのですね。しかし他社物件は一生懸命になって入居者を探しても、利益が少ないため、ホントは自社物件や管理物件をオススメしたいのです。

不動産会社の事情情報