トップ >> 不動産会社の物件について

不動産会社のオーナー物件の事

不動産会社に行くとよく聞く、オーナー物件とはどんなものなのでしょうか。それは家主(オーナー)が管理をしている物件のことです。家主が管理をしているので、どこの管理会社も管理を委託されていません。でも入居者の募集は、不動産会社が行なっています。この物件の場合は、会社の収益となるのは仲介手数料です。そのため、この物件よりも自社物件や管理物件を借りてほしいと考えるのですね。このような物件の場合は、入居後になんらかのトラブルがあったら、管理会社に申し出るのではなく、家主に申し出ることになり、会社はノータッチとなります。

不動産会社の他社物件の事

他社物件とはどのようなものかといいますと、管理の委託を他の管理会社が行なっているというものです。不動産会社はたとえ他社同士でも、地域での付き合いを持っていることがあります。入居者が見つからない場合に、その会社の代わりに入居者探しの手伝いをしてあげるのです。この場合は、入居者が決まると、仲介手数料を半分ずつ分け合うことになります。そのため入居者がきまってもその収益はほかの物件の場合よりも少なくなってしまうのです。このような理由から、不動産会社は、自社物件や管理物件よりもオーナー物件や他社物件は後回しにしたいと思っているのです。

不動産会社の管理情報