トップ >> 不動産会社の物件のお話

不動産会社にとって管理物件とは

管理物件とは不動産会社が家主から、マンションなどの管理を委託されている物件のことを指します。所有しているのは家主ですが、管理しているのは委託された会社なのです。管理とはどんなことをするのかといいますと、入居の斡旋だけでなく、月々の清掃、クレームなどの対応などを、家主の代わりに行うのです。家主に代わってそれらのことを行うのも、ボランティアではありません。家賃収入のうち、数パーセントを管理費として、家主から不動産会社に支払われます。管理会社としては、管理費用は定期収入になるため、管理委託契約を打ち切られないように、入居者の斡旋に力を注ぐわけです。

不動産会社のオーナー物件とは

オーナー物件というものは不動産会社と、物件の管理委託契約をしていないマンションなどのことをさします。管理はオーナー自身がすることとなります。不動産会社は、管理をしていないので、管理費用での定期収入をもらうことはできません。でも、入居者の斡旋だけは、オーナーから頼まれているのです。そのため、入居者を見つければ家主さんから仲介手数料が支払われるのです。こちらの物件の場合も、入居者を見つけても、大きな収益をなるわけではないため、オーナー物件よりも、自社物件や管理物件の方をできるだけススメしたいと考えるのです。

不動産会社の本音の情報